コンピュータウイルス 実態

コンピュータウイルスの実態

コンピュータを扱った事がある方であれば「コンピュータウイルス」といった言葉やその被害について、一度は耳にした事があるのではないでしょうか。
コンピュータウイルスのやっかいな所は、自分のコンピュータだけではなく他人のものまで影響を及ぼす可能性がある事です。正しいセキュリティ対策ができるように、コンピュータウイルスの危険性について考えてみましょう。

経済産業省が定義した「コンピュータウイルス対策基準」では、コンピュータウイルスとは第三者のデータベース及びプログラムに対して、意図的に何らかのダメージを与えるように作られたプログラムです。
また、次に挙げる3つの機能のうち1つ以上の機能に当てはまるものが、コンピュータウイルスであると定義されています。

第一の機能として「自己伝染機能」というものがあります。
これはコンピュータウイルス自体が自分のコピーを作成し、更に他のシステムにコピーする事によって、伝染させる機能です。

第二の機能として「潜伏機能」というものがあります。
これはプログラムに発病するまでの条件を記憶させて、その時が来るまで発病させない機能です。

最後の機能として「発病機能」というものがあります。
これはプログラムやデータ等のファイルを壊すなど、コンピュータに意図しない動作をさせる機能です。

コンピュータウイルスの恐ろしい所はそれだけではなく、感染している事に気付かずに使い続けている場合もあるという事です。
こういった事態を避けるには、セキュリティ対策ソフトを取り入れるのが必須であると言えるでしょう。
コンピュータウイルスに感染しないようにし、発病する前の駆除を実践するなどセキュリティを念頭に置いた使い方をする事が重要です。


ノートンとウィルスバスター関連情報